法人清算はプロにお任せ【個人事業では累進課税で最高税率が5割】

man

設立や解散のサポート

不動産

会社設立の実務的なメリットとデメリット

事業を個人で行うか、会社という形式で実施するかは、色々なメリットとデメリットを考慮して判断する必要があります。今は会社法が改正され、だれでも比較的簡単に会社設立ができるようになりました。特に株式会社設立については、資本金の最低額が1000万円から1円となり、大きくハードルが下がりました。このため、社会的信用の大きい法人という形式を採用する人が多くなりました。確かに銀行取引や高額な事業取引には、相手への印象が良い法人の信用は有利となりますが、最後には人としての能力や信頼が重要となります。実際に、まだ事業計画や利益が明確に見込めない場合は、個人事業から始めるべきでしょう。また、株式会社よりも設立が容易な合同会社設立という手法もあります。

実務的には、年間所得が500万円を超えれば、会社設立を検討すべきでしょう。個人事業では累進課税で最高税率が5割にもなりますが、法人税率は3割以下です。また、経費として認められる範囲も、自宅兼事務所や自動車の扱いなど法人のほうが有利なります。経営者に給与を支払えば給与の所得控除を利用できますし、経営者の退職金や生命保険料も経費として扱うことができます。しかし、会社設立には手間と費用がかかりますし、会計は複式簿記が必須となり、源泉徴収の納付や色々な保険手続などもしなければならず、手間は個人事業の何倍にもなります。会社として何の活動もしていなくても、地方税として毎年7万円必要です。会社設立は、こうしたメリットとデメリットをしっかり比較して進めることが重要です。経営をする際に活躍してくれる税理士ですが、反対に会社を解散する際などにも依頼をすることが可能です。法人清算を行なう際など、税理士に依頼することで手続きしてくれるので気軽に依頼をしてみると良いでしょう。

設立事情を知っておく

man

自分で会社設立したいと考えた場合、個人事業か法人か選択することが出来るのですが事業によって税が変わってくるものです。そのため、税金に関することは税理士に相談することでサポートしてもらうことが出来ます。

View Detail

幅広いビジネス

不動産

昔に比べて会社設立はしやすくなっており、起業する人は増加傾向にあると考えられます。また、その際に必ず出てくる税金ですが節税の方法や脱税にならないためにも税理士に依頼をしてみると良いでしょう。

View Detail

スムーズに解決する

women and man

離婚する際、双方が納得することで簡単に離婚することが出来るのですが原因によってはなかなか難しいものです。そのため、離婚相談は弁護士にすることでスムーズに解決することができ、ストレスも解消することが出来るでしょう。

View Detail