法人清算はプロにお任せ【個人事業では累進課税で最高税率が5割】

man and women

設立事情を知っておく

man

会社の設立と法人税について

事業を行っていくためには、主として2つの形態で行っていくことになります。個人として個人事業として行っていくという形態と会社設立を行って法人として事業を行っていくという形態です。前者であれば所得税法に基づいて、後者としては法人税法に基づいて税額を計算することになります。会社設立によって節税になるかどうかというのはその事業の状態によってさまざまです。ただし一般的には、所得税に比べると、法人税法の方が現在では税率が下がっていっている状況です。たとえば復興特別税については、法人税法は廃止が決まっていますが、所得税は従来の決定に従って税が課税されることになっています。また会社設立に際して資本金の改正などにより従来よりも設立しやすい状況にあります。

会社設立の歴史とその変遷

会社設立に際して、過去と現在において大きく異なる点としては、資本金があります。この資本金については、従来株式会社と有限会社の区分がありました。株式会社とは、資本金10,000,000円以上の会社を指していました。対して有限会社とは、3,000,000円以下の資本金の会社を指していました。しかしこの資本金について2006年5月に商法改正が行われ、新会社法と呼ばれる法律が施行されることになり、資本金の規制が撤廃されることになりました。つまり極端な話をすると、資本金1円という会社も設立することが可能となりました。また会社役員についても同法の改正により、取締役が1人でも会社設立を行うことが可能となりました。また、税理士に相談することでよりスムーズに会社設立を行うことができるでしょう。